【涙腺崩壊】「子供の進学資金も出せないようじゃ親失格だ」そう言ってしまったあと・・母は事故で亡くなった。

子供の頃、家は流行らない商店で貧乏だった。

母がパートに出て何とか生活できている程度の生活だ。

学校の集金のたびに

母親がため息をついていたのをよく憶えている。

別段、小学校、中学校は何とも思わなかったけれど、

高校の入り、進学を考えた頃から両親と喧嘩することが多くなった。

私は大学に進みたかった。

美大に行って本格的に絵を描きたかったからだ。

しかし

 

次ページへ続きます