【鬼畜】義実家のいびりから逃げるように実家へ。私家族がしてくれた仕返しとは!?

 
 
 
「どうしちゃったの?声も元気がないし、今までだったらどんなことがあっても出席するからねって言ってくれたよ。何か大変なことになってるんじゃないの?一度そちらに行くから私の近況だけでも聞いてよ。結婚してから連絡をくれないから、のろけ話だって聞かせてもらってないよ。婚約者を紹介するから結婚式に出れないなら、久しぶりに顔だけでも見たい。」
 
と言われたのです。
 
元気がないとか、大丈夫なんて言葉、
義実家の人間や夫に言われたことすらなくて、涙が出てきました。
 
実家の両親や兄弟とも本当に長いこと電話すらしていないことに気付かなかったんです。
 
そうしたら急にどうしても友人や両親兄弟の顔が見たくてたまらなくなり、お財布だけ持って、タクシーに飛び乗ってました。
 
突然帰った私を見て、両親や兄弟は泣いていました。
 
わたしから連絡はないし、
電話をしても取り次いでもらえない、
兄が出張の帰りに義実家によっても、私は出かけていると言われ会わせてもらえない。
 
どうしようかと話し合っていたそうです。
 
私は実家に着いて
 
初めは
 
 

次ページへ続きます