【感動】難産の乗り越えた赤ちゃんに再び危機が。一刻の猶予も無い中、立ち上がったのは街のバイク乗りたちだった!!

 

ペルーのロレト州にあるコンタマナは、ジャングル奥地にある小さな町です。

2013年4月、ロレト州ウカヤリ郡コンタマナの女性、メリータ・ムリエタ・バジェスが、

難産の末女の赤ちゃんを出産しました。

 

 

しかし、産まれたばかりの赤ちゃんが羊水を飲んでしまいます。

呼吸ができず、危険な状態に。

 

 

 

しかし、家族に告げられたのは非情な言葉でした。

 

ここではこれ以上対応できない

 

すぐに、大きい病院で手術しなければ助からない。

しかし、夜間のため大きい病院に搬送する手段がありませんでした。

 

旦那さんは、生まれたばかりのわが子を助けるために、必死に走ります。

 

 

旦那さんが向かった先は・・・

次ページへ続きます