パチプロ集団に入った。負け続ける俺『(土下座し)すみません。辞めます』仲間「逃げるのは泥棒だ」→DQN「トランクに乗れ」→山に監禁された1年後・・・・・・・

 

その会社を紹介してくれた職長が
俺に金貸してくれって頼んできたんだ

「山本←俺の名前(仮名)
子供が病気で2万貸してくれないか?」
って頼んできたんだ

まあ、2万くらいなら別にいいかって
軽い気持ちで貸したんだけど
一回貸したら毎週のように
2万、3万貸してくれって
言ってくるようになったのね。

俺も会社に誘ってもらって、
飯とかも連れて行ってもらってる手前
あんまり邪険には断れないわけよ。

なんだかんだんで20万くらい貸したと思う。
その職長はある日、
会社からいなくなってしまったんだ

その職長(金田←仮名)
他の業者や、会社の同僚、建設会社の監督
正規の貸金業者、
あげくの果てには闇金に手を出してたみたいなのね
(ドロンして会社に電話があって発覚)

俺も20万貸してることもあり、
会社に紹介してくれた感謝もあるが
ちょっと無責任すぎる金田さんに呆れていたんだ

とりあえず俺の貸した金は諦めるか。。。
って思っていたんだが
会社の先輩達はそうはいかないと、
怒り狂ってる様子だった
(中には50万貸した人もいた)

金田を捕まえて全額返済させるぞ!っと
金田捜索が始まったんだ。

金田さんも年は40過ぎてるし、
何年も建築の仕事してるということは
また建築の仕事につくだろう、
そこを捕まえようと言うことになったんだけど
そんな簡単に捕まるのかなって思ってた

3週間もしないうちだった。
金田さんは簡単に見つかった。

 

次ページへ続きます