【涙腺崩壊】門限から2時間遅れで帰ってきた息子を抱きしめた母の感涙話

10年ほど前の話です。

当時7才だった息子は、やんちゃな子でした。

遠い町までひとりで自転車を走らせて遊びに行ったり、

高い木から落ちて流血して帰ってきたりと無鉄砲。

心配だったので、門限を夕方5時に決めました。

母子家庭なこともあって、過保護だったのかもしれません。

 

ところが、

 

次ページへ続きます