【思わず涙…】子供の頃から「ブス」を自覚していた私に彼氏ができた。するとゼミで一番美人のB子がゲラゲラ笑い出した…

 

 

私はブスだ。

子供の頃からその自覚があり、家族は「そんなことないよ~」とフォローする感じではなく「お前は顔がアレなんだから、他の所できちんとしなさい」という前向きなもの。

少なくとも、私にとっては、両親の接し方はありがたかった。

不細工なものは不細工なんだからしょうがない。

芸人の光浦さんがテレビで売れ始めてた頃で、光浦さんを見て、なんか「顔が悪くたって人生やりようはある」と妙に納得したのを覚えてる。

勉強は人並みに頑張ったし、「最悪、一人でも生きていけるように」と、母から家事・手芸の手ほどきも受けた。

 

兄弟多かったせいか、幸いコミュ力は人並みにあったので、ぼっちにはならず、それなりに学校生活を満喫。

友人にも恵まれ、いじられキャラではあったが、必要以上にブサイクをいじられることもなかった。

大学3年で、こんな私でも

次ページへ続きます