【テレビ放送禁止】ディズニーランドでガチで闇が深いこと

 
 
 
大人気テーマパーク「東京ディズニーランド」
説明不要の遊園地の定番。
 
 
 
そんなディスニーラドンの裏の顔。暗い過去があるというのだ。
今回はそんな噂を集めてみました。
 
 
東京ディズニーランドーwiki
 
  • 東京ディズニーランド開園10周年の記念式典の際に当時のディズニーCEOマイケル・アイズナーは、大成功を収めている東京ディズニーランドプロジェクトを直接経営ではなくフランチャイズ方式で運営したことを「史上最大の失敗」と冗談めかして語っている。
  • パーク内は随所に強化遠近法が利用されている。建物の上層ほど小さく造られており、あおり感を大きくすることで実際の高さよりも高く錯視させる効果を持たせている。
  • シンデレラ城と、三大マウンテンと呼ばれるコースター系アトラクション(スペース・マウンテンビッグサンダー・マウンテンスプラッシュ・マウンテン)の最上部は、ほぼ同じ高さである。ちなみに一番高さが高いのはシンデレラ城で、51m。
  • 東京ディズニーランドをはじめとするディズニーパークは、世界的に有名な施設であることから多くの都市伝説、及びそれに類する・デマが存在するが、その多くが根拠のないものである。都市伝説に関する詳細は「東京ディズニーランドの都市伝説」参照。
  • 浦安市は2002年からショーベース成人式を開催している。これは、新成人で構成される実行委員会からの提案を受け、浦安市がオリエンタルランドと協議した結果、実現したものである(詳細は「浦安市」を参照)。
  • 2001年以降、東京ディズニーランドは年中無休で営業しているが、それ以前は1年間に数回「休園日」というものが存在した。これは、テーマランドの一つである「ワールドバザール」が店舗面積4,098平方メートルの「第1種大規模小売店舗」に該当するため、大規模小売店舗法によって休日が規定されていたことが影響している。休園日は主に冬季に設定され(ほとんどは火・水曜だったかつ、当初は秋季の一部の火曜も休園日だった)、クリスマスなどイベントの飾り付けや通常では出来ない大規模なメンテナンス(オーディオアニマトロニクスの交換にヘリコプターを使う場合もあった)を行ったり、火災や地震など実際の営業で起こり得る災害を想定した大掛かりな防災訓練を行ったことがある。また、大雪の影響により臨時休園していたこともあった。(1984年1月22日から25日に予定を含めて4日続けて休園となった例がある)2000年6月に大規模小売店舗法は廃止され、新たに大規模小売店舗立地法が施行されたことで、以降、休園日は設定されていない。
 
 
 
 
 
あなたの知らないディズニーランドがソコには・・・・あるかもしれない・・。
 

消えたスプラッシュマウンテンの原作

次ページへ続きます