【頭の悪い復讐劇が始まる】携帯に表示される知らない男の名前、内容を確認するとウワキの証拠が次々と発覚したので…

去年の今頃の出来事。

◆登場人物◆
俺 25歳 野球ヲタ
元子 27歳 サッパリ系美人
浮男 20代半ば位? チャラい系イケメン 俺とは面識なし

合コンで知り合い、付き合って1年。

俺の仕事が不定休(ほぼ平日)な事もあり、

なかなかゆっくりデートもできなかったが、

毎日メールや電話はしてた。

俺は元子の事が大好きだったし、

同棲したいなー、ゆくゆくは結婚…なんてぼんやり考えてた。

ある日、俺が元子の部屋に泊まった時。

晩飯も食って、元子がシャワーを浴びてる最中に、

テーブルに置きっぱなしの携帯にメールが来た。

見るともなく見たサブディスプレイに表示された送信者の名前は『浮男』。

元子の男友達はあらかた紹介してもらったり話に聞いたりしていた筈だが、そんな名前には覚えがない。

一瞬硬直したのち、反射的に携帯を開く。

メールの送信履歴、着信履歴共に『浮男』だらけ。

上述の通り、俺も毎日メールはしていたが、

それを軽く凌駕する件数をやり取りしていた。

しかもメールの内容は真っ黒。

泊まりにおいで、泊まりに行くね、

今日はどこ行こうか、ホテル直行でもいいよ………。 

基本サバサバしている元子からは想像できない、

絵文字顔文字飛び散りまくりの賑やかなメール文面を見て俺頭クラクラ。

俺にはこんなラブラブしたメールは殆どくれなかったのにな。

一瞬頭が真っ白になったが、

 

次ページへ続きます