【トップを目指す意志】平野歩夢が笑顔を絶対”見せない理由”に一同驚愕..。世界トップになるために。

スノーボード 平野歩夢 が快挙を達成した。

 

2大会連続銀メダルという偉業に日本中が沸いた。

 

平野歩夢-wiki

平野 歩夢(ひらの あゆむ、1998年(平成10年)11月29日[1] – )は、日本のスノーボーダー。 2018年現在、冬季五輪における日本選手最年少メダリスト記録保持者である。

新潟県村上市出身[2]。村上市立村上第一中学校卒業[1]、開志国際高等学校アスリートコース[3]を経て2017年4月、日本大学スポーツ科学部に入学[4]

兄は同じくスノーボード選手の平野英樹(ひらの えいじゅ)[5]で、弟もいる[6]

 

 

そんな平野だが、その裏にとんでもない努力が隠されていたことを

ご存じだろうか。

一筋でいかなかったオリンピック出場に涙する。

 

自分を追い詰めてまでやらなきゃいけない

次ページへ続きます