出張から戻ってくると、社内の空気が変だった → 課長「噂のことを知ってるか?」俺「知りません」→ 数日後、部下「えらそうにすんな、お前なんか・・・!」俺「えっ!?」

ミくしー、全盛期のころの修羅場ってほどでもないけど精神的に削られた話。 
 
 
俺…(27)メガネガリ 独身 ITドカタ 
A子…(24)派遣社員 独身 
B男…(31)課長補佐 イケメン 既婚者 
C男…(29)メガネデブ 独身 
D子…(27)派遣社員 既婚者
()の中は当時の年齢
 
ある日おれが出張から戻ってくると、社内の空気が変だった。 
お土産のお菓子を配っても、いつもならみんな我先に取りに来るのに 
 
その日は
 
「おなかへってないからいいや…」
 
と避けやがる。
 
でもまあ気にせずにおれは通常業務に戻り数日が経った。 
 
週明け、課長に呼びだされた。
 
なんかやたら遠まわしに
 
「噂のことを知ってるか」
 
と言われた。さっぱり覚えがないので
 
「知りません」
 
と言うと課長は困った顔をしていた。 
 
入れ替わりにB男が呼ばれているようだったが 
なんのこっちゃわからんので、おれもそのときは深く考えなかった。 
仕事上のヘマか何かだと思ってたし。
 
 
さらに数日が経った。 
 
年上だが部下という、ちょいやりにくいC男を交えおれは打ち合わせをしていた。 
おれはC男に対し敬語を使ったり使わなかったりだったんだが 
それが普段からC男には気に食わなかったらしい。
 
C男にぼそりと
 
 
 

次ページへ続きます