激務で家に帰れない日々が3ヶ月ぐらい続いたが、何故かマンションのドアがボコボコになっていく…。不思議に思っていたら自分が・・・

もう時効なので書く。

 

東京に住んでた頃、

激務でほとんど家に帰れない日が3ヶ月ぐらい続いてた。

 

時々帰ってこれても、終電で帰ってきて始発で出るとかだし、

休日も半休がほとんど。

 

死ぬかもと思っていたら、

その半休すらとれなくなるほど忙しくなり、

さらにマンションのドアがボコボコにされる嫌がらせまで受けだした。

日に日にドアの傷は増えて行くんだけれど、

疲れすぎて不動産屋に電話とか

 

考えられず、「自分は世界中から嫌われている」とか鬱になって終わらせてた。

 

そんなある日、

次ページへ続きます