【修羅場】彼氏の誕生日にサプライズで家へ⇒しかし、知らない女がいて凍りつく私に驚愕の一言を・・・

 

だいぶ前の冬の話

私子 大学一年
ふつ男 塾講師23歳

恋人は二次元、そんな隠れヲタの私子は、中高六年間女子校で育った。

バンドやらをしている他校の男子と交流する友達を少しうらやましく思いつつも、
二次元の方が萌えるし!彼氏は大学入ってからでいいや、と思っていた。

ふつ男は私子が通ってた塾に、

私子が高三の時やってきたバイトのチューター。

当時大学四年。

普通すぎて特に特徴もなかった上、

奥手過ぎて、年齢=彼女いない歴だった。

そんなふつ男の女慣れしてない感じにやられてしまった私子。

二次元以外に萌えたのは実に小学生ぶり。

必死に猛アタック。

告白は合格したら、と考えていたが、
我慢できず八月ごろ告白し、めでたく付き合うことに。

だがバイトとはいえ、先生と生徒だったため、おおっぴらには付き合えず、
外でデートとかは一切無し、清らかなメールを
一日一通やりとりするような付き合いだった。

でも私子はふつ男が大好き過ぎて、もうそれだけで満足だった。

私子は県外の大学志望だったため、合格したら遠距離に。

が、私子は恋愛で志望校を変えるようなことはしたくなかったし、
遠距離になって続かないような関係なら近くにいても続かない、
とかちょっとかっこいいことを思ったりしていた。

ふつ男も真面目だったので、私子の考えに賛成し、
遠距離でも頑張ろうねと言っていた。

が、

 

次ページへ続きます