【号泣】6歳児の作文「スマホになりたい」。その作文の込められた意味

【号泣】6歳児の作文「スマホになりたい」。その作文の込められた意味

 

スマートフォンが普及して、

SNSやゲームなどが24時間できるようになることが当たり前になりました。

だけどスマートフォンよりも大事な存在を忘れていないでしょうか?

シンガポールの夫婦に訪れたあるお話。

ある少年の作文を読み涙が止まらなくなります。

題名は「スマホになりたい」

妻は、ある1人の少年の作文を読み始めました。

次ページへ続きます