【あなたならどうする?】余命3か月の診断を下された母親。彼女が最後にしたこととは・・・?

 

自分の命の時間がわかったら、あなたは何をしますか?

これは、2人の子供がいながらも余命3か月と

診断された1人のお母さんのお話。

 

 

 

僕が看取った患者さんに、スキルス胃がんに罹った

女性の方がいました。
 
 
余命3か月と診断され
彼女は諏訪中央病院の
緩和ケア病棟にやってきました。
 
 
ある日、病室のベランダで

お茶を飲みながら話していると

彼女がこう言ったんです。
 

「先生、助からないのは もう分かっています。
 
 だけど、少しだけ 長生きをさせてください」
 
彼女はその時、42歳ですからね。
 
 
そりゃそうだろうなと思いながらも返事に困って

黙ってお茶を飲みました。
 
 
すると彼女が
 
 
「子供がいる。
 

次ページへ続きます