【衝撃】町を走る街宣車に「うるせーぞ!!」と暴言を吐いた中学生→扉が開いた瞬間、彼らを守ったのは近所のおじいちゃんだった!!※動画あり

【衝撃】町を走る街宣車に「うるせーぞ!!」と暴言を吐いた中学生→扉が開いた瞬間、彼らを守ったのは近所のおじいちゃんだった!!※動画あり

 

東京の中心で爆音で軍歌を流し、

日の丸の旗や軍艦旗をつけて走る、右翼の街宣車を見かけたことはありますか?

昔にくらべたらずいぶんと減ったように思いますがたまに見かけると思います。
街宣車の存在を知っている大人たちは、なるべく見ないようにして、

かれらを刺激しないようにしていると思いますが、

それを知らない今の子どもたちには、爆音を流しているヤンキーとあまり違いはないのかもしれないですね。
ちょうど、トンガった思春期の中学生が、街宣車にむかって暴言を吐いたそうです。

 

 

すると・・・街宣車が停まり、扉が開きました。

周りの大人たちは恐怖を感じたことでしょう。

 

さて、この後、この中学生たちはどうなってしまったのか

 

気になる詳細は次のページからご覧ください!

 

街宣車の存在を知らない中学生

次ページへ続きます