【涙腺崩壊】愛息子が9歳で死去⇒母親は、涙一つも流さなかった。その理由に涙。 ※動画あり

 

小児がんに侵された息子。

その母親との絆に、多くの人が涙。

山崎直也君は5歳の時に、がんの病魔に襲われます。

悪性のガンで、一時は回復に向かうものの

骨に転移し、余命いくばくもない状況に。

激しい痛みの中、

 

「お母さんのためにもまだ死ねない」

 

9歳という、幼い少年の家族を思う気持ちに涙が止まらない。

 

そして、お母さんは何故涙を流さなかったのか?

 

感動の実話はこちら!!

 

次ページへ続きます