【感動】アメリカで一人のホームレスと仲良くなった ⇒ 12年後、再びアメリカに向かうと・・・・

 

 

俺は昔サンフランシスコで学生やってた。

ホテルに住み込みで朝晩の厨房の手伝いをすると

一月の家賃が300ドル位になってお得だった。

 

そしてアメリカンなビュッフェスタイルで

大量生産するもんだからそこでは大量に毎日残飯が発生する。

 

それを俺は使い捨てのパックにこっそり詰めて

物乞いのおっさんにくれてやってた。
周りは留学生ばっかでネイティブの話し相手が欲しかっただけ。

元金融会社でアボーンした男で当時40前半。名前はアビー。

 

で、ある晩、

次ページへ続きます