私「救急車…救急車を…お願い!」母『何言ってんの!喋れてるくらいなのに!こんな夜中に迷惑でしょ!』→体の中から焼けるような感覚に一晩苦しんだ結果…

 

10代の頃、薬のアレルギー反応で自宅で死にかけたことがある。

夜中に苦しくて仕方なくなり、体はまともに動かないんだけど、意識はクリアだった。

自室はロフトベッドで、携帯も机に置いたままで手元にはなく、

このままじゃ誰にも気付いてもらえなくて死ぬと思った。

ほぼベッドから落ちる形で這い出た音に母が気付いたそうで、

様子を見に部屋に来てくれたけど、

床に改めて私を寝かせながら(←再度ベッドに上がるのが無理だっから)

「夜中でまだ病院が空いてないから朝まで待ちなさい」と言う。

近所に大きな総合病院あるから、夜中の救急も受け付けてるんだけどね。

タクシーでも個人の車でも。

救急車を…と途絶え途絶えに伝えても

 

次ページへ続きます