信号待ち中、クラウンに追突された!俺「何で降りてこないんだ?まさかケガでも…」→クラウンのドアを開けたら、まさかの事態に・・・

一昨日の仕事帰りの話
俺の住んでる所は雪国なんだが、日中太陽が出て雪が溶けると夕方には放射冷却で道路がツルツルに凍る

そんなツルツルの路面を慎重に運転しながら帰ってたんだ
で、信号待ちしてたら後続車が俺の車に追突してきた

まじかよ超めんどくせぇ…とか思いながら外に出たらクラウンアスリートが俺の車に刺さってた

でも衝撃もほとんど無かったし俺の車のハッチバックが凹んでる程度

クラウンは頑丈だった

フロントガラス越しに運転席を見ると

ババアが

 

次ページへ続きます