【彼はもう4年半前に殺されたんだ】NHKが漫画村の管理者を追跡した結果、とんでもないことが発覚・・・。

違法ではない!

 

漫画が無料で読めた「漫画村」というサイトを

ご存知だろうか?

 

現在は閉鎖され、漫画が読めなくなっているが、

一時期多くの方が、このサイトで漫画を無料で読むことが出来た。

違法ではない理由として、

「漫画村は国交のない、著作権が保護されない国で運営されているため、閲覧者・アップロード者問わず違法性はない」と主張

 

日本の法律で裁くことが難しく問題視されていた。

 

漫画村ーwiki

2016年に「登録不要で完全無料な」漫画サイトとして開設された。違法コピーされた書籍をインターネットブラウザ上で誰でも無料で読むことができた。漫画の他に、雑誌、小説、写真集の海賊版を掲載していた[1]

2017年から口コミで利用者が急激に伸び、2018年1月にはWebサイト分析ツール「SimilarWeb」の調べで月間利用者数が約9892万人、日本国内のサイトランキングではlivedoorなどの大手サイトを超え31位となり[2]、その影響規模の大きさから社会問題として話題になり始めた。

2018年2月9日には、衆院予算委員会で丸山穂高議員が漫画村の名前を挙げて、著作権に関する違法性について質問した。また、2月13日には日本漫画家協会が漫画村を念頭に海賊版サイトについての見解を発表[3]、2月16日には、漫画家の交流団体・マンガジャパンが漫画村を名指しして利用者にアクセスしないよう求める声明を発表した[4]

このような動きに対して2018年3月、漫画村運営者は「漫画家さんが無料で広告してくれた」とコメントを出し、有料プランを発表した[5]

日本政府は漫画村を念頭に海賊版サイトへの接続を遮断する措置を検討し[6]、2018年4月13日に「インターネット上の海賊版サイトに対する緊急対策(案)[7]」を発表。漫画村による出版社の被害額が約3000億円に上ると推計されることから、緊急的な措置として、漫画村を含む悪質性の高い3サイトに対してブロッキングを行うよう、インターネット接続業者に要請した[8]

ブロッキングの発表に前後して2018年4月11日、漫画村は接続が不安定になりアクセスできない状態が続いていており[9]、4月17日午後3時32分からは接続不能となった[10]。海賊版漫画の画像データが保管されていた、運営側のみが操作できる別のサーバーへの接続もできなくなっていたため、運営側が自ら閉鎖したと推測されている[10]

 

そんな漫画村だが、「」が運営していたのだろうか?

NHKがその闇に切りこみ正体をつかむに至ったのだが、

ソコにはトンデモナイものが隠されいた・・・。

 

一体何が起こっているのか・・・・

詳細はこちら!!

 

ウクライナに元のサーバがあった

次ページへ続きます