【世界で一番大切な人】お父さんの愛が結んだ奇跡

「瑠璃~お風呂入ろうか!」

「はぁい!」

小学二年生。

私とお父さんは毎日

一緒にお風呂に入っていた。

ザパーン!!

キャハハと私は笑う。

お父さんはかなり太っているのだ。

多分100キロはある。

そんなお父さんが湯船に浸かった瞬間に

溢れ出るお湯の勢いの良さときたらもう

最高だった。

「瑠璃お父さんだーい好き!」

「お父さんも瑠璃だーい好き!

 お母さんよりも好きぃ!」

「あ!そうですか!」

お風呂場の向こうからお母さんの声がする。

「悪いな母さん!瑠璃が一番好きだー!」

「ハイハイどうぞ結婚でもして下さいな!」

笑顔の耐えない家庭だった。

お父さんが

もちろんお母さんもだけど

大好きだった。

幸せだった。

そう

あの日までは……

 

次ページへ続きます