【涙腺崩壊】男手一つで私を育ててくれた父。「お父さんは本当は私の事が嫌いなんでしょ!?」

私の父が男手一つで私を育ててくれました。
母の居ない私に父は、寂しい思いをさせまいと必死だったと思います。

いろいろと体の違いや考え方の違いもありますし、

男の父が女の私を1人で育てるのにはかなり苦労したようです。

 

当時、私の父は貿易会社に勤めており出張を繰り返す日々でした。その為、家に帰ってくるのはいつも遅く、私が寝てから帰宅というのがほとんどでした。

でも、私の誕生日には、毎年大きなケーキと大きなぬいぐるみを持って早く帰ってきてくれました。 

二人だけの誕生日会。

それは

 

次ページへ続きます