【いい話】ちょっと好きだった先輩の実家の事業が破綻。突然5千万の借金を背負ったらしいので私は翌朝4時先輩宅に凸してあるものを渡してきた

 

新入社員時代のこと

ちょっと好きだなと思っていた数年上の男性先輩が、

ある日真っ青な顔で出社してきた

皆心配して色々聞くけど先輩は答えない。

早退まで促されていたがそのまま仕事をしていた

んで昼休憩の時、

給湯室で吐いている姿を私が発見。

 

さすがに

次ページへ続きます