【涙腺崩壊】天国のパパから届いたサプライズ。結婚式に届いた最後の言葉

 

パパは休みの日は絶対に私と遊んでくれました。

ご飯も一緒に家族全員で食べていました。

私のワガママも全部聞いてくれて、

私が自転車の練習を始めた頃(4歳)には

朝から夕方までずっと公園で一緒に練習してくれました。

 

雨でも晴れでも雷が鳴っても、

絶対に保育園に迎えに来てくれました。

 

亡くなる前は、

パパと毎日お風呂に入って

パパの細い腕枕で寝ていました。

 

忘れもしません。

 

私が5歳、弟が3歳のパパが24歳の誕生日でした。

 

久しぶりに行ったツーリングの途中で

ガードレールにぶつかって、亡くなりました。

体を強く打って、即死だったみたいです。

 

病院に行った時に見た、

白い布(?)を取ったパパの顔は、

綺麗で、不思議な事に笑っていました。

 

幼かった私は「死ぬ」という意味が理解出来ずに、

 

次ページへ続きます