会社が倒産危機の時に、妻が浮気からの家出。経営が立ち直ると元妻が・・・・。

 

新しい技術の開発に成功し工場は

何とか息を吹き返し現在では世界のシェア65%を超える特殊部品を造っております。 

 

さて、消えた妻のその後ですが、

相手の男は高校時代の妻の同級生で

当時居酒屋を11店舗経営していたそうですが

7年ほど前から業績が徐々に落ち

急速な店舗の拡張に伴う借り入れの返済が経営を圧迫、

現在は収益率の高い三店舗を残し苦しい経営が続いているそうです。

 

 

苦しい経営は私も同じです。

 

常に技術を更新していかなければ後発メーカーに取って変わられます。

利益の大半は設備投資と開発費に消えていきます。 

二年ほど前になりますが

元妻の相手の男を伴い私の所に訪ねて参りました。 

 

 

次ページへ続きます