前に花火職人の爺さんが、世界各地で花火を打ち上げた時のエピソードを書いていた本を読んだことがある。

 

すすだらけで火薬の臭いもひどい

東洋人の薄汚れた男が現れたもんで、

他の宿泊客がみんな顔をしかめてたんだけど、

ホテルの人がこの人が

さっきの花火を打ち上げた人だと説明したら、

見事に一変、あれは素晴らしかったと

真っ黒だったにも拘らず取り囲まれて握手責めにあったそうだ。

 

アメリカでは

次ページへ続きます